MOrningviEW06
紅&おまめと暮らすサンディエゴ生活。

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
生まれて初めてバレエをみてきました。
 今日はお友達に誘われてバレエをみてきました。そのお友達はベリーダンスをしているのですが、基本はやっぱりバレエよ〜!と、現在週に4回のレッスンを受けているほどのはまりよう。

私はこれまでバレエに縁のない人生を歩んできましたので、、正直、まったく知識がないです!バレエと聞いて、最初に思い浮かぶのは、シムケンが白いコスチュームを着て踊っていた白鳥の湖。子供のころ、あれを見ると心なしか安心したのを覚えてます。

場所はホートンプラザのお隣のSpreckels Theatre。大入満席!開演ギリギリに席に着いたもので、プログラムも品切れな上に、どんな内容なのかを聞く機会もなくあれよあれよと始まってしまったため、これからいったいどんなことが行われるのかもさっぱりわからない状況で落ち着かず、ひたすらキョロキョロしてしまいました(笑)

席は2階の少し左よりの中央でしたが、シアター自体、そんなに広くないのでよく見えました。

オーケストラの澄んだキレイな音に聞き入ってると、なんと!聞き覚えのある白鳥の湖ではありませんか!幕があがると同時にシムケンが出てきそうでわくわくしましたが、目の前に見えたのは、白鳥のような美しいダンサーたち。

手足の長いこと〜〜〜〜!!!

手をくねくねしながらつま先でちょこちょこと移動するその姿は、本当に美しくて感動し鳥肌がたちました。
ここまで踊れるようになるには、ダンサーたちはいったいどれだけ練習しているんだろう。
子供のころからレッスンしているんだろうなぁ。

第二幕はブラックスワン(最近の映画のおかげでこの名前だけはきいたことがありました。まだ観てないですけど)で、その後休憩を挟んでから男性陣のソロなどもりだくさんの内容でした。

なんだか新しい世界に足を踏み入れたような気分で新鮮な一日となりました♪

そういえば、友達がメールしてきたとき、Tchaikovskyって名前を見て読み方がわからなくて、夫にティーチャコブスキーって人のバレエなんだって〜っ って話してたのですが、そうか、よく考えると、チャイコフスキー!だったん〜〜〜〜〜。家についてサイトを見て気がつきました。(知らなすぎてごめんなさい)

Swan lake



写真:City Ballet of San Deigo
- comments(0) trackbacks(2) Mayumin
スポンサーサイト
- - - スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://calmingsea.jugem.jp/trackback/450
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
: - : 2011/06/04 8:42 PM :
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
: - : 2011/12/30 5:28 PM :
<< NEW TOP OLD>>