MOrningviEW06
紅&おまめと暮らすサンディエゴ生活。

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
引越し大詰め
 いよいよあさって引越し本番です!梱包は90%くらい終了した感じです。おまめが寝た後にコソコソと物をダンボールに詰めてます。

毎日とってもバタバタしています。というのも、引越し以外にいろんな事が偶然にも今の時期に重なっているからです。今が踏ん張りドキといったところでしょうか。夫とともに必死こいて一歩づつ前に進んでます。

水曜からは数日間ネットとテレビか見れない生活。不便ですね〜。水曜日はちょうど、SO you think you can danceの日なのでとても残念なのですが。。

ガンバルゾー!おー!

お引越し〜 comments(3) trackbacks(2) Mayumin
引越し確定?!
 先日ある物件にオファーを入れたのですが、先週末、セラー側がオファーが受けてくれたとエージェントから連絡があり無事にエスクローをオープンする運びとなりました。17日間は途中で降りることも可能で、その期間中に行われる家の検査やアプレイザルなどなどの過程でいったい何が起こるかまだ予想がつきませんが、スムーズにいくことを祈るばかりです。

この物件というのは、実は2ヶ月前ほどに見つけて見学に行った家なのです。裏庭に大きな商業用の車庫(車の趣味を持つ夫にはもってこい)があり、景色がとてもきれいで一目見て気に入り、オファーを入れる寸前まで話が進んだのですが、希望よりも家のサイズが小さいのと、手入れはよくされているものの70年代に建てられたままのオリジナルの状態で大幅な改装作業が必要になるということで、結局一度諦めた物件だったのです。

その後、他の人でそのガレージハウスを買いたい希望者がいて2度ほどエスクロー入りしたそうですが、立て続きに両者とも途中で降りることになり、一旦リスティングから手を引いたそうです。その話をエージェントから聞いて知っていた私たちは、心のどこかでいつもガレージハウスが気になっていました。数日前、そのエリアで家探しをしていた際に、ちょうどガレージハウスの前を通りかかったのですが、家の前に、『壁タクスチャー』と謳った車が停まっていたのに気がつき、もしかしたら家の改装を始めた???と思い、思い切って門をたたいたのでした。すると、なんと”売れない”と焦ったオーナーが一念発起して内装をリモデル始めたそうです。新しいエージェントも雇い、心機一転売る気満々な様子でした。

内装が変わり家全体が明るくなり、以前と印象とまったく違うイメージとなったガレージハウス。その日のうちにオファーをすることに決めました。

話がとんとん拍子に進み、このままいくと引越しは一ヶ月後の7月下旬。まだPBを離れる心の準備ができていませんが、少しずつ気持ちを切り替えていこうと思います。



PBにある大好きなメキシコレストラン『Bahia Grill』のシュリンプブリトー。
引越してもここに来るためにPBを訪れこと間違いナシ!おいし〜の〜。

話は変わり、ここ数日多忙&暑さのため、すっかり体調を崩してしまった私です。体の調子が崩れると、心にも余裕がなくなりますね。体と心って繊細につながっているな〜と思った今日このごろです。改めて、健康であることって幸せだ!と実感したのでありました。
お引越し〜 comments(4) trackbacks(1) Mayumin
The HOUSE その後・・・
 オファーをしてから3日目の今日、ようやっとエージェントから連絡が入りました。待ちが長かった〜。結果からいうと、残念ながら今回は家を手にすることができませんでした。この物件に対し、3組同時にオファーが入っていたことを知っていたので、まぁ、この結果を聞いても驚いたりはしませんでした。前にも経験したように、あまり興奮して家に情を入れすぎると、ゲットできなかったときにかなり落ち込んでしまうので。前回、ドリームハウスを逃したときは、立ち直るのに2週間はかかりましたし。今回はダメもと、、くらいな気持ちだったので、すんなり現実を受け入れることができました。

あ〜 でも残念。

この家を手にしたのは、先週土曜日に見学にいったときに同じ時間に鉢合わせになった子供が3人いる家族でした。彼らはこの物件がどうしても欲しいいうことで、オファーもフルプライス&どうして欲しいのかを記述した3枚にわたるセラーへの手紙を書いたりと、かなり熱心になっていたようです。売り価格が、オーバープライスになっていることを承知でフルプライスのオファーをすることは、私たちにはできませんでしたし、改めてこの物件を思うと、良い条件が揃っているのは確かだけど、エアコンがなかったり、寝室が狭くてバスルームも今よりも小さくて古いなど、気になる点もありました。ダウンサイドを考えたら未練はない、、、という方向へ気持ちを持っていこうと思います(努)

さて、気を取り直して、次、次〜っ。続く・・・。
お引越し〜 comments(0) trackbacks(1) Mayumin
"The HOUSE"
 Happy Mother's Day!!

土曜日の今日は朝一番で物件探しをしてきました。ここ3ヶ月、いろいろな物件を40件ほど見てきましたが、今日やっと欲しい物件と出会うことができました。エージェントから最初にこの家を紹介していただいたときは、特に興味がないかなと思い見学にも行きませんでした。けれど、数日前に改めて写真と条件の詳細に目を通すと、私たちが必要なものがすべて揃ってるかもしれないと気がつき今日見に行くことに至ったわけです。家の中に一歩足を踏み入れた瞬間に、夫と私は目を合わせて、『これだね。』と感じたのでありました。

この家は、60年代に立てられた築40年ほどの古い家なのですが、手入れがよく行き届いており、コンディションがなかなか良いのです。オーナーは絵画アーティストで、いたるところにこだわりを感じられる、とてもユニークな家なのです。外観や内装の壁の色などは、私の好みでないし、バスルームも小さくて古いなどなどダウンサイドはありますが、そういったコスメティックな箇所はそのうち少しずつ変えていくことができるし、何よりも大切なことは、家の骨組み、レイアウト、機能&耐久性だと思うので、それらを考えると、かなりポーテンシャルのある家なのです。

場所は夫のオフィスから車で20〜30分ほど。今のおうちよりも遠くになりますが、夫の趣味のクラシックカー作りを気兼ねなくできる広さの庭がある家で、これ以上近い物件は手が届かないと承知しているので、夫も妥協できると納得していました。

この家のどんな点が一番気に入ったかというと、味、です。現在のオーナーさんが、住みやすいようにあちこちに手を加えてきた、味、です。手作り感の漂う空間が、心地よく感じられました。

さて、これからオファーをし、受理されたらエスクローをオープンしインスペクターによっての検査に入ります。こんなにいい条件の物件なのに、ラッキーにもショートセールなどではないクリーンな売買なので、きっと他にもオファーを入れてくる人もいるはず。すべてがスムーズにいくことを願って。。。ドキドキ。
お引越し〜 comments(2) trackbacks(6) Mayumin
1/1