MOrningviEW06
紅&おまめと暮らすサンディエゴ生活。

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
家探し開始
 先週末から本格的な家探しを開始しました。目標は今年の夏ころまでにお引越し!です。

家探しで一番重要な要素と言っても過言ではない、”ロケーション”。まずはこれを決めることから始めました。おまめが家族に加わってからは、学区が良い場所がいいと必然的に思いますし、あとは治安、夫のオフィスまでのアクセスの距離、それからご近所さんの様子などなどを考慮し、希望の地区を絞ってみることにしました。

おおよその場所が決まったら、今度はエージェント探し。夫の元上司のご贔屓エージェントがちょうど私たちの希望の場所を専門にしているということで、土曜日にさっそく連絡を取り合ったところ、すぐに予算に合う家のデータ数十件をメールにて送ってくれました。魅力的な物件がいくつかあったので、翌日の日曜日に実際にエージェントと共に6件ほど見て周ることとなりました。

一番最初に訪れた物件はエージェントのDと会う前に自分たちで行ってみたのですが、私たちがドライブウェイの近くに着くと、そこの住人さんが即効やってきて『ぜひうちの中を見ていって〜!!』と売る気満々で出迎えてくれました。ちょっと前までは、リストに載っている物件すらも『Don't Disturb』と看板が出ていたりして、住人がいるとなかなか家の中まで見ることができなかったのに。ショートセールやフォークロージャーとなってしまった物件であふれている昨今の不動産事情。バイヤーフレンドリーな状況を垣間見た瞬間でした。

6件見た中、2件の家が気になってしょうがない今日このごろです。出だし好調!といったところでしょうか。

私たちが興味を示している場所というのは、今の住んでいるビーチタウンとは正反対の山合いの静かなところです。

1裏庭のある土地で子供を伸び伸びと育てたい
2スペースに余裕を持ちたい
3静かな場所に住みたい
4自然・動物と触れ合いたい
5野菜畑を作りたい

が、主な理由です。

早いもので今のコンドに住んでもうじき丸5年。内装のほとんどすべてを夫と二人でリモデルし、私にとっては、アメリカ生活の起点となったおうちなので、良い思い出がたくさん詰まっています。離れると思うと寂しく思うけれど、新しい家族が加わり生活が変わりつつある今、新たな土地で思い出を作り上げていくことを思うととても楽しみでもあります。

nEw hOme comments(6) trackbacks(1) Mayumin
1/1