MOrningviEW06
紅&おまめと暮らすサンディエゴ生活。

CALENDAR ENTRY
COMMENT CATEGORY
ARCHIVE LINK
PROFILE OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
冬のお勧めB級ホラー
 『Frozen

監督&脚本 Adam Green
キャスト Emma Bell, Shawn Ashmore, Kevin Zegers



私はB級ホラー好きなのですが、昨夜見た、こちらの映画がなかなか面白かったので紹介します!
部屋を真っ暗にして、ちょっと寒いお部屋で見ることをお勧めします(笑)
ムービー comments(0) trackbacks(0) Mayumin
久々に映画館で見た映画
先週の金曜日から上映中の『Sex and the City』をさっそく観にいってきました。

シーズン1が開始してから、早いものでもう10年の月日が経ってるんですよね。主人公のサラジェシカは、このドラマが始まった当初からアメリカサイズの0を着用していると聞きましたが、年齢を重ねた今でも体系が分からずスリムなまま。シーズン5頃には息子君も出産しているというのに。あれだけスリムだとさすがに何を着ても似合いますね。ミランダ、サマンサ、それからシャーロット、それぞれの役を演じた女優さんもみんな素敵でした。パトリシアフィールドの思い切りのよい4人のスタイリングに、上映中、会場から やりすぎじゃない?と笑いの声が聞こえたけれど、あれくらいインパクトがあってこそキャラが引き立つと思うので私的には楽しめました。

内容はここでは書きませんが、どんでん返しがあったりで最後までドキドキしてしまいました。この映画はドラマの続きなので、すべてのシーズンを見た後にこの映画を観る方がより一層楽しめると思います。

ムービー comments(4) trackbacks(0) Mayumin
Lars and the real girl


ライアン・ゴスリンの主演の『Lars and the real girl』を紹介。自閉症を患っている主人公ラーズは毎日一人で寂しく暮らしていた。ある日、同じ職場の人からの紹介で”ビアンカ”と出会う。人肌に触れると体に痛みを感じるほど重症なラーズが初めて心を許した女性、ビアンカにはある秘密が・・。(見てのお楽しみ)家族や職場の仲間、そして地域の人々から一身に愛を受け、妄想から抜け出し現実の世界へと調和していくラーズの姿を面白おかしく描いた物語です。心がポカポカと温まるお話でした。

ちなみにラーズの役を演じたライアンゴスリンは、役のために体重を20パウンドほど増やしたそうです。

↓増量前


↓増量後


10kgほどでこんなにも顔って変わるんですね。
私はアメリカに来てから10kgくらい軽く太りましたが、やっぱ私も人相がこのように変わったのでしょうか。気になるところです(笑)
ムービー comments(0) trackbacks(0) Mayumin
私はライアン・ゴスリンのファンです。


昨日はなんだかパッとしないお天気だったので、家で映画を続けて4本見ました。その中でも特に私の心に大ヒットした『Half Nelson』を紹介。

主人公を演じているのは私が大好きな役者さん、ライアン・ゴスリン。この作品で今年のアカデミーアワードの最優秀男優賞にノミネートされました。受賞しなかったのが不思議なくらい!確か受賞したのはウォレスト・ウィティカ?だったっけ?あの役者さんもとても味のある魂の篭った濃い演技をしますからねぇ。たまたまの競争相手が悪かったのでしょう。でも、本当に、この映画の中のライアン・ゴスリンの仕草、声、表情、ひとつひとつ、素晴らしくて、しかも美しくて(笑)惚れてしましました。

ストーリーは、黒人生徒が大半を占める学校で、生徒に教えることだけを生きがいとして日々暮らす一人の白人教師の物語です。薬の中毒症から克服しようとリハビリプログラムも試みてみたけれど、過去に付き合っていた彼女が他の男性と結婚をするという事実を知ったことが引き金となり、克服どころか、さらに薬におぼれる日々へと堕ちていく。そんな先生の事情を知る、一人の女生徒との複雑な関係が描かれています。
ムービー comments(2) trackbacks(0) Mayumin
大和魂に惚れる
ムービー comments(2) trackbacks(0) Mayumin
南北少林


この↑『南北少林』、ジェットリーがまだガキンチョ時代のカンフー映画なのですが、これが見たくて見たくて、とあるアジア映画専門のサイトで購入を試みました。

実はオーダーしたのが2月。ちゃんとしたDVDが届いたのがつい先日。(6月初旬)

オーダーして一週間後くらいに届いたDVDは、全く別物だったので即効返品。郵送と検品日数で一ヶ月以上かかり、そのお知らせのメールがやっと来たのが3月半ば(自分で催促)。そして届いたDVDが欠陥商品で全然見れなかったので、再び返送。

一ヶ月以上経っても何も音沙汰がなかったのでまたメールで催促。すると会社が在庫として抱えてるもの、及び仕入れたての『南北少林』がすべて欠陥商品だったので、製造会社に苦情を出し、処理中とのこと。

それからまた一ヶ月以上がたち、3回目にしてやっとまともなDVDが届きました。

4ヶ月、待ちに待った 『南北少林』笑

若かりし頃のリンチェイ、あどけない表情で一生懸命に演技している姿に胸がキュン♪笑
ムービー comments(0) trackbacks(0) Mayumin
ホラ〜
ケーブルテレビが提供しているMovie on Demandからピックアップしたホラームービー。
これがなかなか面白かったので紹介。

まずはUnrest
内科医を目指す医学生アリスンは、解剖実験のクラスを取るために病院へやってくる。
経済上の理由で寮に入ることができず、その病院で寝泊りすることに。
彼女が担当する死体が何かおかしい、ということに感づいてその死体である女性について探っていく。
そしてたどり着いたのは・・・。

日本のホラーを思わせるゾクゾクするCreepyな感じがたまりせんでした(笑)

お次は

Penny Dreadful

子供の頃に事故に遭遇し両親を亡くしてからそれがトラウマとなり、車に乗るとパニック症状を起こしてしまうペニー。彼女を助けようと試みる精神科医のオリアナと共にドライブへ出かける。道中、ペニーが禁止されている薬に手を出したことを問いただすオリアナ。話に夢中になったオリアナはヒッチハイカーをひいてしまう。無事に怪我もなく、行きたいとこまで乗せていくということで折がつき、そのヒッチハイカーが後部座席に乗り込む。行き先は、人里離れたクローズ中のキャンプ場。暗闇の中で無言で去っていくヒッチハイカーを後に、恐怖におののいて再び呼吸困難に陥るペニー。そこでタイヤの空気がもれていることに気づく。身動き取れなくなった二人の運命は・・・。

森の中で彷徨って恐怖に陥る。ブレアウィッチ・プロジェクトって昔ありましたね〜。
この映画もそんな感じで夜の森の中でもがきます。

子供の頃は、ホラー映画が嫌いで、見たその日の夜は一人でトイレにも行けないくらい小度胸な私だったのにどういうわけか今ではホラー大好き人間にっ(笑)

こっちのホラーは日本のと比べるとあまり怖くないってのもひとつの理由かも。
日本のホラーはやっぱ一番気持ち悪くて、怖くて、気味悪い!!
ムービー comments(6) trackbacks(2) Mayumin
Fearless


9月から全米シアター入りする『Fearless』。
あと一ヶ月も待てないので先にDVDを買って観ちゃいました(笑)

ジェットリーの最後のカンフー映画。
彼のマーシャルアートに対する情熱すべてを託した作品です。
日本の俳優さん、原田正人と中村獅童が出演してます。
ムービー comments(0) trackbacks(0) Mayumin
Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
今夜は珍しく、夫の帰りが遅くなるということで夕方一人で映画館へ。
特にこれといって観たい映画があったわけではなかったけれど、たまには気ままにナチョスをかじりながら観るのも楽しいかなと思って^^

映画館に着いてすぐ『Pirates of Caribian』が都合良く始まりそうだったのでそれを観ることにしましたっ。

私の愛するジェットリー様の最後のアクション映画、『Fearless』がプリビューで流れて私の目は釘付けに。。いったいこの映画の公開はいつになるだろう??ジェットリーは、彼が演じたマーシャルアートの神様とも言われている”Huo Yuan Jia”の親族から訴えられて、映画の公開が先延ばしになっているとのことで・・。でも日本ではもうすでに公開されたんですよね。早く見たいーー!!


話を戻してジョニーデップ。1の内容をもうすっかり忘れていたので話がどう繋がっていってるのか定かではありませんでした^^;でもジョニーデップのあの独特なしゃべり方と仕草は相変わらず滑稽で面白かったです。

ちょうどクライマックスを迎えて、さぁ!どうなる?!と思わず体を乗り出した瞬間に、黒画面にCAST・・・とエンディング(汗)続きはまた来年・・ですな。
ムービー comments(4) trackbacks(0) Mayumin
1/1